workwalk

職場のストレスや労働環境等に悩み、転職を考えている方々からのご相談をお受けしています。

厚切りジェイソンさんに教わった、ミニマムスタートという仕事のありかた

かつて2回の転職活動を経験した私ですが、2度目の転職活動後に、ある仕事の関係でたまたま厚切りジェイソンさんとお話しする機会がありました。「Why Japanese people?」というフレーズが有名な方です。最近では子供向けの英語教育番組や、CM等、多方面でご活躍されています。また、ジェイソンさんはIT企業の役員でもあります。

 

数回、言葉のやりとりをしただけであり、たくさんの関係者のうちの一人ですので、ご本人は、私のことは覚えていないと思いますが、その時のお話で印象に残っているフレーズがあります。

 

ミニマムスタートという言葉です。

 

ミニマム(最小限)のスタートという意味で、


「何か新しいことをやりたくなったら、今の立場のままでいいから、少しだけ始めてみよう。最小限のスタートであれば、大きな決断はいらない。」


「それがうまく行けば続けよう。うまく行かなかったらまた違うことを考えてみよう。」


「それを繰り返しているうちに後悔のない人生になる。」


という趣旨の言葉でした。

 

私は1回目の仕事を辞めてから、1年ほど無職の期間を経験しました。

毎日がつらい日々で、仕事をやめた自分に自信が持てず、「自分は世の中には必要のない人間」だと本気で思っていました。日本は転職者に対して厳しい国ですが、無職の人間にはもっと厳しいです。大げさでもなんでもなく、当時は世の中が歪んで見えました。

 

その後仕事が決まり、社会に復帰しました。新しい会社は以前の会社に比べ、労働環境は改善していたものの、不満がなかった訳ではなく、その後結局もう一度転職活動をすることになります。無職というものの恐ろしさが分かっていたため、2回目の転職活動時には仕事をしながら転職先を探しました。

 

こんな、いい年をしながらフラフラしている私に、厚切りジェイソンさんがかけてくださった言葉が、ミニマムスタートです。


「あなたが、転職を繰り返したことは決して無駄ではありません。でも、転職をしなくてもミニマムスタートはいつでも可能です。」

とおっしゃっていました。

 

その言葉が忘れられず、それ以降は、何か気になることがあったら、会社NGでない範囲であれば何でもやってみることにしました。

と同時に、サラリーマンという立場のままでも始められることが山ほどあるということに改めて気が付きました。

自分が知らない新しいことを探すという楽しみが増えました。

 

何かを学ぼうと思えば、ネット検索すればいくらでも講座やワークショップがヒットします。その中には、必ず自分のペースでもできるものがあります。

そして新しいことを始めると、新しい人との関わりが増えます。その人を通じてまた新しい世界を知ることができます。

 

サラリーマンという仕事は毎日毎日出社しなければならないので大変ですが、その分安定した給与が得られます。

安定した収入があるうえで、プライベートの時間には自分の世界をいくらでも広げられると思うと、サラリーマンも悪くないかなと思います。

 

私もかれこれ、いろいろなことにチャレンジしましたが、情けないことに長続きするものはその中のほんの一部です。

 

でもそれでもいいと思っています。

勉強のために思いつきで購入した数万円の教材がいくら無駄になろうと、私の人生トータルで見れば、何の悪影響もありません。むしろ自虐ネタが一つ増えて、会話が楽しくなるくらいです。

全てがプラスです。

 

全てがプラスなのですから、「やってみたいけど、お金にならないからやめよう」だとか、「他の人もやっていることだからやめよう」だとか、そんなことは考える必要はありません。やってみたいと思うことを実行し、やめたくなったらやめるだけです。

全ての選択肢が正解です。

 

それは、自分が試してきたことを、自分の人生を全肯定することに繋がります。

 

ジェイソンさんも、こうやって自分の活躍の場を広げていったのかもしれません。